子どもの時のできごと一覧

親友や恩師との間には意外と感動的なエピソードが存在しないことが多い

半月前に書いた記事で少し触れたが、秋は私にとって思い出深いできごとが多く起こる季節である。 その中のひとつの例として、...

記事を読む

今度は勇気を出して歯医者さんに自分の気持ちを伝えることができた

今からちょうど1年前の昨年10月に虫歯の治療を受けていた。 治療の内容はクラウンと呼ばれる被せもので長年覆っていた歯の...

記事を読む

外遊びが大好きな少年だった私が運動嫌いになった理由

本日10月10日は「体育の日」!! …だったのはいつまでだったかな? 調べてみたところ、10月10日が体育の日だった...

記事を読む

Facebookで元同級生の様子を覗いて見つけたもの

半年前の記事で、高校卒業後も地元で暮らす元同級生について取り上げた。 その記事では、地元で暮らし続ける元同級生の女性は...

記事を読む

今の時代の子どもだって十分たくましい

先月書いた記事で、今時の若者がいかに甘ったれているのかを嘆く韓国人の話を紹介した。 言わずもがな、若者バッシングは我が...

記事を読む

「ご近所ファシズム」は時に独裁国家よりも私たちの生活を苦しめる

先週から東京オリンピックが開幕した。 コロナウィルスの感染拡大が懸念されているため、ギリギリまで開催反対の声が聞かれて...

記事を読む

誕生日のお祝いはどうしても当日でなければいけないのか?

先日、ネットで知り合ったマレーシア人が誕生日を迎えた。 この記事に書いたことだが、私は以前、ブラジル人の男性(48歳)...

記事を読む

大人になった今、子どもの時に水泳が嫌いだった理由を改めて考えてみる

今年も夏が来た。 一年前の記事で「夏は嫌いではない」と書いたが、実は子どもの時は夏が来ると死出の旅路へのカウントダウン...

記事を読む

「地元暮らしには金はなくとも絆がある」という茶番②:子どもの遊び場編

前回は「高校中退者を『地元の仲間』とみなすことができるのか?」をテーマに「地元暮らしには金はなくとも絆がある」という言葉...

記事を読む

「友達」とは立派な社会人でいるための足枷なのか?②(進む道が違う編)

前回は結婚の足枷になる(と判断された)友人を切り捨てた結果、理想の結婚相手どころか唯一の味方を失ってしまった女性の話をし...

記事を読む

中学生の時に無遅刻・無欠席だった私が皆勤賞を廃止すべきだと考える理由

前回の記事では不登校について少し触れた。 今日は逆に皆勤賞の話をしたいと思う。 少し前のことだが、こんな記事を読んだ...

記事を読む

小学生の子どもの世話をするために仕事を休む親は過保護なのか?

あなたは一人で留守番ができるようになったのは何歳の時だっただろうか? 私は小学生になった時からだった。 その頃から、...

記事を読む

中学生のような振る舞いをやめられない大人たち

前回のテーマは「既得権」であり、その中で私が中学生の時のエピソードを紹介した。 既得権を死守しようと醜態を晒すのは大人...

記事を読む

既得権に食らいつくのは悪人だけではない

10月に入ったこともあり、先週は一気に気温が下がった。 というわけで、今週から上着を着て仕事へ通うことにしたのだが、昨...

記事を読む