仕事一覧

「地元暮らしには金はなくとも絆がある」という茶番①:若者の就職編

これまで地元について語る記事を何本か投稿してきた。 これらの記事はすべ...

記事を読む

新入社員へ贈りたい3つの言葉2021年編③:「金を払う方が常に正しい」という考えは「拝金主義者」の精神である

前回、前々回と新入社員へ贈りたい3つの言葉2021年編をお送りしてきた。 今年は例年に比べると、やけに真面目な気がする...

記事を読む

新入社員へ贈りたい3つの言葉2021年編②:企業への忠誠心は身を亡ぼすこともある

前回から毎年恒例の新入社員へ贈りたい3つの言葉2021年編をお送りしている。 今日のテーマはこちら ②:企業への...

記事を読む

新入社員へ贈りたい3つの言葉2021年編①:仕事ができる人間が昇進するとは限らない

・重大告知 2021年度がスタートする本日にどうしても皆さまにお伝えしたいことがある。 私、早川鉄男は本日よりYou...

記事を読む

地元で事務職に憧れていた時の話

先日、派遣会社から仕事紹介のメールが届いた。 だが、私がその求人に応募することは決してない。 なぜなら、その仕事は現...

記事を読む

周囲の目を恐れていた私が定時で帰れるようになったきっかけ

・社会人は準備が命 今の私はオフィスで働いているが、始業と終了の時刻にはまるで学校や工場のようにチャイムが鳴る。 あ...

記事を読む

会社から生活を保障されていない従業員は「正社員」と呼ぶべきではない

前回の記事では同一労働同一賃金の話をした。 今日もその話をしたいのだが、ひとつだけ断っておきたいことがある。 今回の...

記事を読む

正社員信仰によって見捨てられる正社員たち

先週、嫌な夢を見た。 私は職を失ったのだろう。 手元にハローワークの求人票(この記事に写真が載っている)があり、面接...

記事を読む

「失業」の基準は会社を解雇されることでなく、仕事を失うことにするべき

先日、この記事を読んで、なんともいたたまれない気持ちになった。 新型コロナウイルスの影響で居酒屋が閉店し、従業員の...

記事を読む

昭和時代ですら「日本的」とか「普通」と呼ばれる生き方をしていた人は多数派ではなかった

前回は「過当競争に苦しむ韓国社会は自縄自縛しているだけなのではないか?」というような記事を書いたが、これは決して他人ごと...

記事を読む

東京で派遣社員として働くことについて②

前回は私が東京で派遣社員として生活して感じたメリットとデメリットについて紹介した。 今日は働く前はネガティブなイメージ...

記事を読む

東京で派遣社員として働くことについて①

前回まで4度に渡って、地方出身の私が東京で暮らし始めた時の記事を書いてきた。 すると早速、返信が届いた。 問い合わせ...

記事を読む

20代半ばで上京して生活を安定させるまでの話③(初めての職場編)

前回の記事はこちら 今日は前回の予告通り、私が上京して最初に働いた職場についての話をしようと思う。 ・我慢の時 ...

記事を読む

小学生の子どもの世話をするために仕事を休む親は過保護なのか?

あなたは一人で留守番ができるようになったのは何歳の時だっただろうか? 私は小学生になった時からだった。 その頃から、...

記事を読む