知り合いのフランス人がネットで出会った日本人女性とヤリまくっていた

<注意>

今回の記事は性的な表現が含まれております。

ご了承の上でお読みください。

前回前々回では出会い系サイトやマッチングアプリを使用した時の話をした。

これまでにそのようなサイトを使ったことがなかった私は、どうしても「出会い系は怖いもの」という偏見が付きまとっていたため、事前にしっかりと情報を収集することにした。

そのために、様々なブログの記事や動画に目を通していると、あることを思い出した。

「そういえば、彼は以前、出会い系で知り合った女性と会った時の写真を送ってきたことがあったぞ!!」

その彼とは、このブログに何度も登場したことがあるフランス人男性である。

<登場記事>

今日はそんな彼が日本滞在中にマッチングアプリを利用して、行っていたことについて話をしたい。

・気になる写真

彼と連絡を取り合うのは、この記事で当時の動向を確認した時以来だったで、およそ1年ぶりである。

今回は比較的間が空いていたが、彼は以前と同じように接してくれていた。

私が欲しい情報は

「実際に会う前はどんな話をして距離を縮めたのか?」

「相手が会っても大丈夫な相手かどうかはどのように見分けたか?」

である。

早速、その質問をしてみよう。

   3年前にマッチングアプリで出会った人と一緒に撮った写真を送った時のことを憶えてる?

「うん。憶えているよ」

   その時に会った人とはどのアプリで知り合ったの?

「うーん。あの時は何人もの女性と会ったから、『誰と一緒に撮った写真を送ったのか』までは憶えていないなあ。その人の名前を教えてもらえる?」

   あの時は名前を聞いていなかったから、名前は分からない。でも、カフェのような場所で撮影した写真だったことは憶えているよ。

「この中の誰かのことかなあ…」

彼はそう言うと、何枚もの写真を送ってきた。

「いや、あんたそんなにたくさんの人と会ってきたの!!」

彼はかなりの人見知りである。

私のように同性で、年が近く、英語でやり取りができる相手に対しても、実際に会った時はこの通りである。

そして、日本人女性に一方的な幻想と憧れを抱いている。

彼からマッチングアプリで知り合った日本人女性とデートをしたことを聞いた私は、冗談抜きに、彼が緊張で気絶しなかったか心配だった。

そんな彼が、およそ2年の滞在でこんなにも沢山の女性とデートをしていたことには驚いた。(しかも、全員が美人である)

ほとんどの写真はデート中に撮影したものだと思われるが、1枚だけ気になる写真があった。

その写真に映っている女性だけ、なぜか下着姿で、しかも、やたらと胸元を強調しているポーズを取っている。

このような写真は出会い系サイトやマッチングアプリで何度も目にしたことがあるが、私なら速攻業者認定して、ブロックする。

というか、デート中にそんな写真を撮るって、一体、どんな状況なんだよ。

私は彼にその写真について尋ねることにした。

・体を重ねた人の数

彼によると、その写真はデート中に撮影したものではなく、彼女による自撮りで、マッチングアプリで親しくなったことで送られてきたらしい。

私が彼女(厳密に言えば、「彼女の写真」)に興味を持つと、彼は彼女の写真をさらに何枚か送ってきた。

すると、その中の一枚は、ノーメイクの彼女が布団に包まり恥ずかしそうな表情を浮かべていた。

何をやった直後なのかは容易に想像できたが、彼は私が尋ねる前に、自分からその写真について説明し始めた。

This is after our first night.

やはりそうだったか…

事前に「出会い系サイトを通して知り合った男女はそのような関係になるのだろう」とは想像していたが、実際に知り合いがそのようなことをやっている様子をリアルに想像すると何とも言えない気持ちになった。

私は彼にこんな質問をしてみた。

   さっき見せた写真の女性の中で、同じようなことをやった人は他にもいる?

「もちろん。この子とこの子、それから…で、合計X人だね」

さすがに、両手で数えられない程の人数ではなかったが、その数を聞いた時は驚愕した。

最初に写真を見せられた女性とは、何回かデートをした後に行為に及んだようだが、中には会ったその日にホテルへ直行(お持ち帰り)した女性もいた。

しかも、全員が援助交際ではなく、彼は実費を除いて1円もお金を払っていない。

言い方は悪いが「タダマン」である。

なお、最初の女性とは定期的にデートを重ねていたようだが、それ以外の女性はセフレやワンナイトの間柄だったらしい。

ちなみに、私は彼にどうしてもこんなことを聞いてみたくなった。

   フランスにいた時も同じようなことをやっていたの?

「マッチングアプリを使っていたことはあるけど、結局、誰ともやれなかったよ」

彼が母国にいた時はなかなかできなかったことが、こうも簡単に達成できるとは…

おそらく彼にとって日本人の女性は「チョロ過ぎる」相手なのかもしれない。

・行為自体に嫌悪感を持っているわけではないが…

私は出会い系サイトの中で、業者ではないと思われる女性(素人)とやり取りをしてきたが、ほとんどがわがままでコミュニケーションも成立しない相手だった。

典型的なコミュ障で、外見もハンサムとは言えず、仕事も××の経験しかなく、貯金も十分に持っていなかった彼がどうやって、そんな人たちを口説き落したのかは大きな謎である。

彼のしたたかさと、「あんな清楚で可憐な女性も白人(外国人)の前ではこうも簡単に股を開くのですね」という女性側の尻軽さには驚きを隠せないが、これ以上言うと、モテない男のひがみ丸出しのようなので止めておく。

私が彼に対して裏切られたような感情を持ったのは、別に彼が可愛い娘ちゃんたちとオフパコしていたことが羨ましいからではない。

コミュニケーション能力が高くなく、自国での生活のコンプレックスを隠すために、外国の人と付き合うことを好むことから自分と同じ属性だと思っていた彼が、私には到底成し得ないことを簡単にやっていたことで妙な裏切られた気がするのだ。(もっとも、それ自体、私の勝手な思い込みだったわけだが…)

もう一つは、彼がマッチングアプリだけでなくペンパルサイトを利用して女性を探していたことである。

出会い系やマッチングアプリは、何だかんだ言っても、「そういうことをやりたがる人が利用するもの」と割り切れるが、私たちが出会ったサイトまでセックスパートナー探しに利用していたのは少なからずショックだった。

今回の件で、彼とは一切の関係を断つ気はないが、この記事で紹介した教師として働く元同級生の見てはいけない過去を目撃した時と同じような複雑な気分である。

スポンサーリンク