5年前に少しだけやり取りをしたロシア人青年

半年前、ロシアがウクライナ侵攻を開始した頃、このブログでロシア人数名の意見を紹介したことがある。

私とやり取りがあった人たちは皆、ロシアの軍事侵攻を非難し、ウクライナの人々を心配している慈悲深い人たちだった。

その中には登場しなかったが、過去にやり取りをしたロシア人で今でも忘れられない人物がいる。

・あなたにその権利はない

彼とは5年前の2017年にInterpalsで出会った。

当時の彼は25歳、自動車業界で働いていた。

彼とは簡単な身の上話をしただけで、関係も1ヶ月で消滅した。

そんな人は過去に何人もいたが、私が今に至るまで彼のことを忘れられないのは、やり取りを開始した直後のエピソードにある。

やり取りを始めて数日後、彼が私にこんなメッセージを送ってきた。

「何で、すぐに返事をくれないの?」

過去にこの記事で登場したメッセージの催促である。

例によって、彼はそれまでに自分のことを詳しく説明したことなどなかった。

典型的な「構ってちゃん」、もしくは「クレクレ野郎」である。

その時の私はすでに自分のスタンスを確立しており、そのような催促には毅然と対応することを決めていた。

もちろん、彼の要求も突き放した。

「プロフィールに書いている通り、いつメッセージを送るかは私が決める。あなたにそれを決める権利はない」

このような言い方をしたら、大抵の場合で、キレられるか、二度とメッセージを送って来なくなるかのどちらかだが、私はそれで構わないと思っている。

・見事なタイミング

しかし、彼の対応は違った。

彼は日本語でこんなメッセージを送ってきた。

「ごめん。あやまるよ」

え!?

自分の非を認めるの!?

しかも日本語で。

彼が日本語を使えることは全く知らなかった。

プロフィールには日本語の初級レベルにチェックが入っていたが、そんなことは自己申告に過ぎず、ましてや実際に使う人などそう多くない。

余談だが、先の参照記事の最初に登場したアメリカ人(クレクレ野郎)も、「日本語を勉強している」と言っていたが、私に日本語でメッセージを送ってきたことなど一度もなかった。

だが、彼は見事なタイミングで日本語を繰り出してきた。

分かってやっているのなら、相当な腕前である。

そこまで言われたら、こちらも言い過ぎたことを謝るしかない。

その後は1ヶ月でやり取りが終了し、彼は後にInterpalsを退会したため、今は連絡を取ることができない。

前段で述べた通り、催促メールを注意したら、ほとんどの場合は逆ギレされるが、彼だけは全く対応が違った。

そのため、今でも私の記憶に残っている。

30歳になったであろう今の彼はどうしているだろうか?

それは分からないが、私が聞き取りをしたロシア人と同様に、戦争に反対して、ウクライナの人々を心配していることだろう。

そんな確信がある。

スポンサーリンク