「恋愛はしたくないけど結婚はしたい」と言っている人は本当に親密性を放棄する覚悟があるのか?

前回は中年独身女性の交際を手掛かりにして、「結婚から親密性を切り離して、経済性を重視する考えは賢明なのか?」について考えてみた。

今日も同じような話をしたい。

・「恋愛はしたくないけど、結婚はしたい」と考えている人たち

このブログで何度も繰り返したことだが、「近代的結婚」と呼ばれる「従来」の結婚では、経済性と親密性を一致させることが必須であり、社会が変化した後も、その条件が譲れないため、結果的に結婚そのものが困難になっているというのが今の日本が直面している問題である。

このような結婚観は戦後に普及した比較的新しいものだから、それ日本人にとって唯一絶対のものであるというわけではない。

そのため、私は結婚に経済性と親密性を一致させる必要があるとは思っていないし、別に経済的理由のみを追求する人がいても構わないと思っている。

のだが、どうしても腑に落ちないことがある。

それは

「恋愛はしたくないけど、結婚はしたい」

と声高に叫んで、結婚の経済的恩恵を得たいと願う人たちは、本気で結婚から親密性を切り離す覚悟があるのか?

ということである。

・「経済的な理由で結婚する」という言葉の見落とされがちな一面

本題に入る前に確認しておきたいことがある。

「経済的な理由で結婚する」という言葉の意味である。

以前、この記事で書いたことの繰り返しになるが、「経済性を追及した結婚」と聞くと、一人で生計を立てることができない女性が、稼ぎの多い男性と結婚して養ってもらい、豊かな生活を送る姿を想像するだろうが、それは一面でしかない。

日本企業の会社員といえば、私生活をかなぐり捨てて、会社に尽くす「会社人間(社畜)」が有名だが、彼らがそのような働き方が可能なのは、すべての家事労働を妻に任せることができるからである。

妻が家事や育児をすべて担ってくれなければ、モーレツサラリーマンのような働き方は成立しない。

噂話レベルなので、どこまで本当なのかは分からないが、大企業に勤めて、将来は幹部候補と目されている若手の男性サラリーマンは30歳までに結婚していなければ、出世コースから外されることがあるらしい。

「結婚という私生活が仕事と何の関係があるんだよ!!」と言いたくなるが、結婚することが昇進の条件とされている理由は、妻にすべての家事を押し付けることで、すべての精力を会社に向けることを期待しているからだろう。

このような理由で結婚したケースは、「夫が妻に経済的に依存している」と呼んでいいだろう。

しかし、なぜか、その動機が「経済性(お金)目当ての結婚だ!!」とバッシングを受けることはない。

専業主婦となって養ってもらうことが前提で結婚を望む女性を

「甘えるな!!」

「結婚は寄生ではない!!」

と非難するのであれば、「結婚して妻にすべての家事を任せて仕事に専念したい」と考える男も同様に経済的な甘えを非難されるべきであるし、「日本企業は福利厚生が過剰であり、会社は従業員の家族まで面倒見る必要ない」と宣って、高福祉の負担から逃れることを画策している会社も、専業主婦前提の妻の支えがなければ、成立しない働き方を強いていることを非難されるべきである。

(なお、経済力によっては男女の役割が逆となっているケースも存在することを断っておく)

・経済婚と前近代的結婚

経済的な理由で結婚を望むことは男性でも、女性でも一定数いることは間違いないだろう。

「愛情はいつか冷めるけど、経済性(お金)は絶対に裏切らない」

「恋愛を楽しみたいのではなく、安定した生活が欲しい」

そう割り切って、経済的な理由で結婚することは本人の自由である。

先ほど紹介した記事でも説明したが、前近代社会では、家業の継承や村の働き手を確保する生殖手段として考えられていて、そこには愛情を含む親密性などまるで存在しなかった。

現代人の視点からすると、随分と人間味がなくつまらない関係のように思えるが、当時の人々は必ずしも不幸な生活を送っていたわけではない。

夫婦の関係は親戚や地域といった共同体の一部に過ぎず、結婚相手に特別な関係が求められたわけではないし、経済的に独立した生活を送る必要はなかった。

そのため、人生のお手本にするのはこの人、毎日おしゃべりをするのはこの人、性的な関係を楽しむ相手はこの人、というように、情緒的満足のすべてを一人の相手に求める必要はなかったし、結婚相手が自分以外の人間関係を生きがいにしても特に問題はなかった。

このように相手に親密性を求めない結婚も成立すると思う。

生殖の関係を経済性に置き換えて、前近代社会的結婚への回帰と思えば、恋愛を放棄して経済性のみを追求することはおかしなことではないのかもしれない。

それが「恋愛はしたくないけれど、結婚はしたい」と考える人たちの理想なのかもしれない。

・親密性のない結婚とは?

しかし、彼らが本当にそこまで割り切ったことができるのかは疑問である。

家庭から親密性を切り離すと、情緒的で面倒な人間関係を重ねることなく、お互いに経済的合理性を追求できるかのように思われるが、そのような家庭は「居場所」とは言えなくなる。

前近代社会では家族が唯一絶対の居場所ではなかったため、結婚相手に親密性を感じなくとも、居場所を与えてくれる人間関係などいくらでもあったわけだが、現代人が結婚に親密性を求めない場合は、同じように家庭以外の居場所を確保できるのだろうか?

そのような人が、わざわざ好きな相手もいないのに「結婚したい!!」などと思うだろうか?

その上、「相手に親密性を求めない」と言うのであれば、最低限の家庭生活を成り立たせれば、(犯罪でもない限り)相手がどんなことをしても口出しする権利はないわけだが、そんな夫婦関係に耐えられるのだろうか?

たとえば、休日は相手のことなど気にも留めず、仕事や友達を優先するとか、よく分からない宗教活動に参加するとか、アイドルのおっかけにハマるとか、性的な満足感を得るために風俗店に通う(もしくは働く)とか。

結婚相手がそのようなことを行っても、親密性を捨てて経済性のみを追求することを選んだ人間にその行いを咎めることなどできないはずである。

そこまでの覚悟があるのなら、「私は結婚に親密性など求めません!!」と宣言すればいい。

普段は仕事人間を気取って、家族のことなどほったらかしにしながら、「休みの日はゆっくりくつろいで仕事の疲れを癒してもらいたいよー」などとクソ甘ったれた「勘違いモーレツサラリーマン」などが典型だが、自分は相手の気持ちを汲むような面倒な人間関係はうんざりだけど、自分は相手にとって特別な存在であってほしいという身勝手な思いが透け見える。

ちなみ、このような人間は「経済的に養ってやっているのだから、自分は相手のことなど意に介さないが、自分はそれなりの尊厳を与えられるはずだ」などと傲慢な考えを持っているのだが、全家事労働を押し付けることはれっきとした経済的依存(=甘え)であり、その時点で、自分も経済的優位性を主張する根拠を失っている。

「結婚に情緒的な関係は必要ない。ただ、経済的に豊かになって安定した暮らしを送りたいだけ」

と考えている人は、本当にそこまで割り切った生活を送る覚悟があるのかをよく考えてもらいたい。