Interpalsの使い方②

今日は前回の続きを解説する。

・Search

メッセージを交換したい相手を探すときはメイン画面の⑨Searchをクリックする。

クリックすると次のような画面が表示される。

右側にはメイン画面の④のようにオンラインしているユーザーがランダムに並んでいて、左側にある検索ボックスにこちらが求めているユーザーの情報を入力する。

・Age:年齢

・Sex:性別

・Photo:ここにチェックを入れると写真を表示していないユーザーが除外される。

・Online:ここにチェックを入れるとオンライン中のユーザーのみが表示される。

・Countries:国籍、もしくは居住国。どっちを選んでいるのかは相手による。

+Add another countryをクリックすれば、他の国を追加することができるので、日本在住のアメリカ人を探したいときはJapanとUnited stateの2ヶ国を選ぼう。

・City:居住地

国や居住地を正確に指定しなくてもAfrica, Europeなどの大きな括りでも検索できる。

次の画像は画面を下に移動したものである。

・Languages:言語

・Looking for:文通や友達作りなど自分の目的を選び、それが相手との目的と一致するユーザーのみを表示する。

・Keywords:ここに入力した文字をプロフィールに含んでいるユーザーを表示する。

・Sort:ログイン中のユーザーか、もしくは新しく参加したユーザーを優先的に表示するかを選ぶ。

・Username:相手の名前をダイレクトに検索したいときに入力する。

これらを選択したらSearchボタンをクリックする。

・Settings

続いてメイン画面③の右端にあるSettingsの解説をする。

ここをクリックすると次の画面が出てくる。

ここで連絡用のメールアドレスやパスワードの変更、タイムゾーンの設定を行う。

Generalの右隣のPrivacyをクリックするとプライバシー設定の画面になる。

ここではWallの書き込みや閲覧、友達リストを他のユーザーに公開するかどうかの設定を行う。

また、年齢、性別、居住地など、自分が関わり合いになりたくない相手の設定をしておくと、自分のプロフィールが検索エンジンに表示されないように設定することもできる。

この画面の右側にあるNotificationをクリックすると次の画面に変わる。

ここにチェックを入れておくことで、新しいメッセージを受け取った時や書き込みがあった時に指定したメールアドレスに通知が届く。

一番右側にあるDelete accountをクリックするとアカウント削除の画面に変わる。

ピンクの網がかかっている場所には「アカウントを削除する前に」という文章が載っている。ここでは友達や文通相手が多すぎると思った時は削除することや、あなたのプロフィールが検索結果に表示されないように設定できるという内容が書いてある。

次に「なぜアカウントを削除しようとするのか?」のコメント欄があり、その下には、もし削除しても30日以内にログインすれば、同じアカウントを再び使用することができるが、それ以後は完全に削除されるということが書かれている。

最後にDeleteボタンをクリックするとアカウントの削除が完了する。(・・・のか否かは私が実際にやったことがないからわからない。もしかしたら、削除が完了するためにはもうひと段階必要かもしれない。)

・対策と傾向

本来なら、私がこの場で登録方法から紹介すべきなのだが、参考画像を撮影するために別のアカウントを作成しようとしたら、登録を拒否された。どういう仕組みかはわからないが、一つのデバイスでは一つアカウントしか作れないようだ。

というわけで、登録の方法は他のサイトやブログを参考にしていただいて、最後に私が利用することで感じた傾向とポイントを紹介する。

プロフィールに顔写真を載せよう

このサイトは写真を公開しなくても利用できるが、人に訪れてもらうためにはプロフィールに顔写真を載せることが欠かせない。

ちなみに写真を載せなかったら性別に合わせて、私のプロフィールやメールボックスに表示されているイラストが表示されることになる。(今回は写真を使って説明するために編集で顔を隠しておいたが、実際は私も含めたすべてのユーザーが顔写真を公開していた。)

魅力的な顔立ちなら、それだけでも多くの人が訪れてくれるだろうが、すなくとも、あなたが怪しい人間だと思われたら、訪問者はほとんどいなくなる。

このサイトを利用していることが知り合いにバレたら…」などと心配してはいけない。

このサイトではアカウントを作成してログインした状態ではないと登録者のプロフィールは閲覧できない。

だから、あなたの知り合いがinterpalsを利用ていない限り、あなたのプロフィールにアクセスすることはできない。

そもそも、このサイトは日本語が使用されないため、最低限の英語が使えない人は参加することが難しい。

あなたの職場や学校にそんなことをできる人が何人いるだろうか?

生年月日の入力は必須なので年齢は表示されてしまうが、名前にさえ気をつければ、おそらく誰も顔写真だけではあなたを発見することはできないと思う。

友達登録はしてもしなくても大して変わらない

意外に思われるかもしれないが、友達として登録したユーザーとは交流関係が長く続くということはない。メイン画面⑧に友達の誕生日が表示されるため、長らく会話のなかった相手にバースデイメッセージを送ったことがあるが、相手は、その時すでに何ヵ月もログインしていない状態だったため、メッセージが返ってくることもなかった。

スパム(迷惑メール)対策をしよう

スパム対策といっても難しいセッティングが必要という話ではない。

心がけの話である。

先ず、初対面の相手にFacebookやLINEのIDを教えたり、誘われたりしてもすぐに応じてはいけない。最低でも56回はこのサイトでやりとりした後で行った方がいい。

メッセージを送ってきた目的はわからないが、自分のIDを教えた相手が、翌日にはアカウントを削除していたことが何度もあった。

次に、自分のプロフィールには顔写真を載せない人や明らかにスパムと思われるメッセージには返信しないと書いておこう。

私がプロフィールのリクエストに書いてみた「I hope you put your face photos on your profile. If not, I can’t reply to you.」などの簡単な文だけでもいい。

こうしておくことで、怪しい相手に返信しなくても恨みを買う可能性を軽減できる。

最後にメッセージがスパムの疑いがあるときはメッセージを返信しないか、「Thank you for your message, but I’ll leave here soon. See you lather.」などと簡単なメッセージを返信して、すぐにログアウトしよう。一日経って、ログインして冷却期間を置くことで、相手飽きて、それ以降メッセージを送ってこなくなるか、アカウントそのものを削除していることがよくある。

また、スパムとわかっても、念のため一定期間はメッセージを削除せずに保存しておこう。

ちなみに私に届いた迷惑メールの一覧を参考までに紹介しておく。

・Why don’t you meet me? (ストリッパーのようなプロフィール写真で)

・Please send my facebook and marry me (プロフィール写真なし)

・Hello, do you like party ??? come with me

・**FREE ADULT DAТING SITE: xmeet.xyz )

・Shalom (意味不明。そもそも何語?)追記:ヘブライ語の別れの挨拶らしい