退職前にアプローチしてくれた同僚女性を冷たく突き放した時の話

・懺悔します2019

2019年もそろそろ終わりを迎える。

今年一年もたくさんの失敗をして、たくさんの人に迷惑をかけてきた。

大半は「この失敗を次の機会に活かそう」と前向きに捉えるか、そもそも全く反省などしないかのどちらかなのだが、「タイムマシンがあったら、あの時に戻ってやり直したい」と思う失態もいくつかあった。

というわけで、今日は今年やらかしてしまった最も大きな過ちを懺悔します。

2019年に犯した過ちで最も後悔していることは、割のいい条件の仕事を自分から辞めたことでも、全く役に立たなかったPCソフトを数万円で購入してしまったことでもない。

今年一番の過ち、それは退職前の私に必死にアプローチしてくれた同僚女性を冷たく突き放したことである。

・職場でただ一人の同い年の同僚から食事に誘われる

私は念願の英語を活かせる仕事に就いたものの、英語とは全然関係ないことで挫折して退職することになった。

これは私がその会社を退職する2週間ほど前の話である。

私が一人で昼食を取っていると、同じ部署で働く同い年の女性(仮名:A子)から誘われて、彼女と二人で食事をすることになった。

私は自己都合で退職するので、気まずい雰囲気になることを心配していたが、彼女が私に退職理由を詰め寄ることはなく、この仕事はどちらかと言えば「女性向け」であり、なおかつ女性ばかりの職場で男性の私が働くことは大変だったに違いないと言って私を気遣って(慰めて?)くれた。

それから、彼女も働き始めたばかりの時はある業務がとても嫌で悩んでいたことや、今でも分からないことが多くて、よく上司であるマネージャーX氏から叱られること、そして、自分と同じ年の仲間が一人もいなかった職場に、同い年の私がやって来てとても心強く思ったこと、私が辞めると聞いてとてもショックだったこと、他部署へ移ってもいいから会社に残ってほしいと思ったことを明かしてくれた。

ここまでは概ねこの記事で書いた通り、同僚が退職を残念がってくれるありがたい話なのだが、この話には続きがある

仕事の話が一通り終わって、しばらくの沈黙があった後、彼女は突然プライベートな質問をしてきた。

A子:「ところで、早川さんの趣味って何ですか?」

会話のネタが切れて、黙っていることが気まずいから、世間話の感覚で、こんな質問をしたのだろうが、私にとってはこの質問が一番困るんだよなあ…

だって、本当にないんだもん。

私は表向きこそ「大人しい田舎の青年」を装っているが、実のところこんな動機から、趣味や恋愛といったプライベートな楽しみを完全に放棄して、社会の外道として生きている人間である。

もはや、私には趣味を楽しむ感情など一切残っていない。

私はいつも通りこう答えた。

早川:「人に言えるような趣味は特にありません」

・あと2週間しか一緒に仕事ができない

普段はこのようなそっけない回答をすれば、それ以上追及されることはないのだが、A子は私の予想に反して食らいついてきた。

A子:「それじゃあ、人に言えない趣味はあるってことですか??」

早川:「いいえ、そういう意味ではありません」

A子:「早川さんはあまり私生活の話をされませんけど、休みの日はいつも何をしているんですか??」

早川:「最近は仕事で疲れているから、ほとんど何もせずに過ごしています」

A子:「早川さんって○○(←注:決して、恥ずかしい言葉が入るのではない)が好きな気がするんですけど、そういう趣味はないですか?」

早川:「え!? いいえ、特にそんなことは…」(←とっさにウソをついたが、どこでボロが出ていたのか、以前興じていたことを完璧に見抜かれていた)

A子:「ゴールデンウィークは実家へ帰ったと聞きましたけど、その時はどんなことをしたんですか?」

早川:「うーん、『何か特別なことをしたのか?』と言われれば、地元の友達と会って、一緒に町内を散歩したことくらいですかね」

A子:「お友達とどこへ出かけたんですか?」

早川:「あのー、A子さんは都会で育ったから、『そんなことして何が楽しいの?』と引かれるかもしれませんが、僕たちのような田舎者は『どこへ行く』とか『何をする』とか具体的な目的が無くても、たわいもない話をしながら一緒に自然の中を歩き回るだけで十分楽しみを感じることができるんですよ。ハハハ…」

これで、上手く話を切り上げることができる。

と思っていたのだが…

A子:「わかります!!」

早川:「ええ!!」

A子:「私はフランスへ留学した時に、生まれて初めて、草原で寝転んだり、星を眺めたりして、田舎の生活の楽しさを知ったんです。都会だとそういった体験ってなかなかできないじゃないですか。あぁ、私も自然に囲まれて育ちたかったなあ…」

早川:「はぁ…」

その後もA子は私のことを聞きたがった。

外国へ行った時の話とか、昔の仕事の話とか。

あと2週間で去っていく人間の何が気になるのだろう?

しかも、その時の彼女は普段と様子が違った。

いつもの彼女はニコニコと笑いながら、おっとりとした喋り方をするのだが、その時は今まで見たことがないほど積極的で、身を乗り出して、まるで私を覗き込むような表情で質問を繰り返してきた。

同い年の私への親近感や、自分も仕事で嫌な思いをしていたことを告白された時も、妙に距離間が近いとは感じたが、最初は退職を思いとどまらせる計画だと思っていた。

しかし、仕事とは関係ない話を熱心に聞きたがる様子を見ていると、それは退職を思いとどまらせるための企みでもなければ、優しさや思いやりとも違う何かである気がしてきた。

あと2週間で別れるというのに、彼女との間にまるで秘密を共有したことで生じるドキドキ感のようなものが芽生えた気がした。

私は、その何とも言えない居心地の悪さと、緊張感に耐えられなくなって、詮索の意図を尋ねた。

早川:「なんだか尋問みたいですけど、それを聞いてどうするんですか?」

A子:「だって、あと二週間しか一緒に仕事ができないんですよ!! 私はもっと一緒にいたかったし、早川さんのことをもっと知りたい!!」

早川:「ええ!!」

ストレートにそんなことを言われたら、いくら他人の感情や脈ありサインのようなものに鈍感な私でも、目の前にいる人が明らかに一線超えて踏み込んできたことはハッキリと分かった。

・社内の人間関係があるため真実を伝えられない

A子がそれまで私に抱いていた感情を打ち明けたり、自分の弱みを見せたのは、心理的な距離を縮めることが目的で、プライベートを知りたがっていたのは、退職後も個人的に会うきっかけを探すためだったのかもしれない。

彼女は去っていく私に何を求めていたのだろうか?

その真意は分からない。

だが、私はその時になってようやく気づいた。

その日、彼女が私を食事に誘ったわけも。

私が部署内に返信不要の周知メールを送った時に、いつも彼女だけはお礼の返事を送ってくれていたわけも。

しかし、私はこの社会で生きるために「フツー」の人生を捨てた人間である。

今さら、そんな生き方に戻るつもりはないし、戻れるとも思っていない。

そんな身で、経済的にも、情緒的(一緒にいて楽しいと感じること)にも、誰かの力になれるとも思っていない。

彼女が私に対して片思いな幻想を抱いているのなら、彼女のためにも、私はそんな人間ではないことをすぐに伝えなければならない。

同情から中途半端に仲良くして、彼女を期待させておきながら、「実は…こんな人間だから、あなたとはこれ以上親密な関係になることはできません」と告げる方がよっぽどの裏切りである。

だが、このタイミングで、私の正体をバカ正直に告白してしまえば、残り二週間とはいえ社内の人間関係に支障が出かねない。

そう考えた私は、彼女が私に何らかの関心があることに気づいた上で、あえて気づかないフリをして突き放すことにした。

念のために言っておくが、私は決して彼女のことが嫌いだから、彼女の気持ちを無視しようとしたのではない。

嫌いどころか、とんでもない聖人だと思っている。

大げさではなく、本心からそう思う。

30近い年齢で非正規の仕事をしていて経済力の欠けらもなく、見てくれも全くさえない上に、気の利いた話一つできない男のことをこんなにも気にかけてくれる人がこの社会に何人いるのだろうか。

私にとっては、こんな素晴らしい人と出会えるチャンスは二度と来ないだろう。

だからこそ、彼女には私なんかと関わり合いにならずに、自分の人生を大切にしてもらいたい。

学校の教師が、異性の子どもから好意を持たれていることに気付いても、男女としての交際や、日々の生活で特別扱いする関係になることが許されないため、意図的に冷たい態度を取って突き放すという話を聞いたことがあるが、私が直面している状況も同じようなものである。

彼女がどれだけ熱意を持って言い寄ってきても、決して振り向かず、質問をはぐらかすことで、脈なしサインを発し続ければ、いずれ諦めてくれるだろう。

そう思って、彼女と対峙することにした。

   今度の休みは何をする予定ですか?

「先ほども言った通り、家でゆっくりと過ごす予定です」

   「ゆっくり過ごす」とは具体的にどんなことをするんですか?

「ボーとしながらテレビを見ることですかね」←ウソ。本当は家にテレビなどない

   どんな番組を見ているの?

「特に見たい番組があるわけではなく、適当に流れているものを見ています」

   どこか遊びに行きたい場所はありますか?

「いいえ、特にありません」

   スポーツはやらないんですか?

「はい。運動には興味ありません」

   最近、外食をしたことは?

「数ヶ月前に前の職場で一緒に働いていた人からタイ料理の店へ連れて行ってもらったことはありますけど、基本的には外食はしません」

   疲れた時や仕事を頑張った時のご褒美は何を買っているんですか?

「自分にご褒美を買えるほど頑張れていないと思います」

   こっち(東京)ではどんな友達と付き合っているの?

「先ほど、外食の話をした時のように以前の同僚とたまに会うことはありますけど」

   仕事を辞めても会うことができる関係というのは素敵ですね

「まあ、それを『友達』と呼べるかどうかは分かりませんけど…」

   一人で過ごすことが好きなんですか?

「『好き』というよりも、一緒に過ごす相手がいないだけです」

   親友や恋人のようにもっと仲良くできる相手が欲しいとは思っているんですか?

「昔はそう思うこともありましたけど、一人で過ごす生活に慣れきってしまったので、今さら、そのような人と良好な関係が築けるとは思えません」

このように発展できそうにない回答をして、同じ質問を彼女にすることで時間切れまで粘る作戦に出た。

・私の居場所は彼女の隣ではない

A子は自分の気持ちに気付いてくれない(フリをしている)私に苛立ちを隠せなかったのか、時折体を揺らしたり、敬語口調が崩れたことがあった。

それだけ彼女は必死だったのかもしれないが、私も本気である。

(お願いだから、これ以上聞かないでくれ!! お互いのためにも… )

この思いでいっぱいだった。

彼女は終始笑顔を保っていたが、自己開示しない私にこれ以上話し続けても無駄なことを悟ったのか、やがて「歯を磨いて仕事に戻る」と言って、私よりも先に出て行った。

このようにして休憩時間の攻防は終了。

タフな戦いだったが作戦は成功し、無事に逃げ切ることができた。

めでたし。めでたし。

あれ……

だけど、全然うれしくない。

目的は達成したはずなのに…

なんだろう…

このモヤモヤした気持ちと罪悪感は…

言葉にするのは難しいが、とてつもなく胸が苦しかった。

いつかはこんな日が来ることなど、「フツー」の生き方を捨てると誓った時に覚悟していたはずだったが…

それ以降、A子とは最低限の事務的な会話をしただけで、彼女が同じような態度で接してくることは二度となかった。

そして、「近づかないでほしい」という私の思いが通じたのか、彼女は心なしか、以前よりも冷たくなって、私のことを避けている気がした。

あの日以来、私も彼女に近づくことを躊躇ったため、彼女との間にはまるで社内恋愛で失恋したかのような気まずい雰囲気が漂っていた。

彼女は私の退職日に餞別の品としてハンカチや入浴剤を贈ってくれたが、その時も、目は合わせてくれなかった。

まあ、私がそれだけのことをしたのだから当り前だが…

彼女に「冷たい人間」だとか「嫌な奴」だとか「こんな人だったとは思わなかった」と幻滅されても、それは当然の報いである。

私はそれでも構わなかった。

たとえ、彼女の気持ちを踏み躙ることになっても、それが最善の選択だと確信していた。

彼女は私なんかと一緒にいてはいけない人間である。

私と彼女は、所詮、同僚として付き合う間柄に過ぎず、恋人どころか「友達」として仲良く遊びに出かける関係にもなれるはずがない。

彼女はこの会社で働くまでは事務の経験が一切なく、仕事でパソコンを使ったことさえないと言っていたが、まるで大学を卒業してからずっと大企業のOLとして働いていたかのように、誰に対しても笑顔を絶やさず、上品で、周りへの気配りができる人だから、今後も、私なんかよりはるかに魅力的な人と出会えるチャンスがあるに違いない。

彼女が私に抱いていたのは、友情なのか恋愛感情なのかは分からないが、私のことなどすぐに忘れて、他に信頼できる相手や好きな人を見つけて幸せになってもらいたい。

それが私の願いである。

私が彼女のためにできることなど何もない。

私の居場所は彼女の隣ではない。

「フツー」の生き方を捨てた私にはそうするしかなかった。

これが「フツー」であることを捨て、一人で孤独に生きていくと決めた人間の宿命である。

・本当にそれでよかったのか?

「お互いのためにも、これでよかったんだ…」

当時はそう信じて疑わなかったが、今頃になって猛烈に後悔している。(心変わりのきっかけは関連記事に書いてある)

A子の幸せのため」などともっともらしい理由をつけて、彼女のことを拒絶したが、私は一体彼女の何を知っていたのだろうか…

あの日まで、彼女はどんな気持ちで私を見ていてくれたのだろうか…

誰よりも早く職場に来ても、照明や空調のスイッチを入れることさえできない彼女が、自分の気持ちを告白するために、どれだけ勇気を出してくれたのだろうか…

彼女が私を信頼していたことを打ち明けてくれたことも、あそこまで必死にアプローチしてくれたことも迷惑どころか、すごく嬉しかった。

絶対に本心を打ち明けず、常に警戒心を持って接する対象だった同じ職場の人間、しかも女性からあそこまで踏み込まれた経験は初めてだった。

年齢が同じであること以外に縁もゆかりも共通点もない彼女が、私に何を求めていたのかは分からない。

ただ、去っていく私に対して、自分の想いを伝えずに後悔したくないという気持ちで、一生懸命話しをしてくれているのは分かった。

それから、彼女のこれまでの仕事や休日の過ごし方の話を聞いていると、どことなく孤独を感じているような気がした。

もしかすると、私と同じ年齢で非正規の仕事をしていて、他に心を打ち明けられる友人もおらず、私に対して何か似かよったものを感じて、そんな人間でもいいから、これからも味方でいてほしかったのかもしれない。

だとしたら、私がやってしまった「他にいい人を見つけた方が本人のため」という一方的な突き放しは、これまで自分が幾度となく苦しめられてきた、それができずに苦しんでいる人の気持ちを無視して、特定の「フツー」という生き方を押し付ける蛮行と全く同じであり、それは彼女の小さな望みさえも打ち砕いてしまう残酷な振る舞いだったのではないか。

たとえ、彼女が私の本性を知らなかったにせよ、あそこまで想ってくれていたのなら、彼女の希望に応えることができなくても、勇気を出して自分の気持ちを伝えてくれた彼女と正面から向き合うべきだった。

以前、同様の理由から同じ習い事をしていた相手との交際を断った時は事情をすべて話したので、私がやるべきことはすべてやったと思っている。(相手が納得したかどうかは全然別の問題だが…)

しかし、今回は仕事の関係もあったため、彼女に私の本心を明かすことはできなかった。

そのため、勇気を出してアプローチしてくれた彼女とは対照的に、私は冷たい態度で突き放すことしかできず、彼女を傷つけてしまった。

それを考えると、あんなことしかできなかった自分がただただ情けなかった。

今思えば、たとえ恋人にも、親友にもなれなくとも、彼女の力になれる方法などいくらでもあったのかもしれない。

退職後も連絡を取り続ければ、彼女が仕事でつらい目に会った時に、同じ経験がある仲間として、苦しみを分かち合うことはできたのかもしれない。

彼女が寂しい思いをしている時には直に会って、懸命に生きる彼女を応援すれば、彼女を孤独から守ることはできたのかもしれない。

他人からは奇妙に見える関係でも、それが「フツー」であることの縛りを捨てた私が取るべき最善の方法ではなかったのか?

彼女がそのような関係を受け入れられないのであれば、仕方がないことだが、せめて、手紙を残すか、連絡先を渡して、退職後に自分の過去を告白し、決して彼女のことが嫌いだから冷たい態度を取ったわけではないことを伝えて謝りさえすれば、彼女を傷つけることはなかったのかもしれない。

彼女が心を開いてくれたのだから、私もそれくらいのことをするべきだった。

しかし、私は彼女の気持ちから逃げることしかできなかった。

・当時の自分に言いたいこと

私は「フツー」という特定の生き方を押し付けて、それ以外を決して認めない偏狭で排他的な社会に抗って生きると決めた。

そのためには私生活の幸福追求の一切を犠牲にすることも厭わなかった。

自分が生きるためにはそうするしかないと信じていた。

だが、結局、私には自分の過去を打ち明ける勇気も、自分の進んできた道を信じ抜いて、誰かの力になる方法を見つけようと戦う正しい強さもなかった。

その弱さのせいで、自分のことを想ってくれていた人の力になれないばかりか、ささやかな「心の拠り所」を守ることさえできなかった。

「フツーの生き方でなければ何もできない」と思い込んで、他人を傷つけていたのは私の方だったのかもしれない。

昔、あるスポーツの試合中継で、ルール違反ではないものの、危険なプレーを連発して退場処分になった選手が「今日はこのような結果になったが、それでも強気に攻める自分のプレーを変えるつもりはない」とコメントして、解説者が苦言を呈していたことを思い出した。

某スポーツ解説者:「 プレースタイルは変えなくてもいいけど、相手をケガさせているのだからプレーは変えないと!!」

当時の私にも同じ言葉を言ってやりたい。

「フツー」の生き方に抗うことを信念とするのは結構だが、そのために、自分のことを味方だと思ってくれていた人を傷つけるなど言語道断である。

これが今年(2019年)の最も大きな過ちだが、この後悔と罪悪感は一生消えることはないだろう。

過去を変えることはできないが、過ちを受け止めて、正しく前へ進むことはできる。

それが今の私にやれる唯一のことである。

もし、A子と再会することができたら、今度はあの時とは違う答えを見つけ出すつもりだ。

もっとも、私には二度と彼女の目の前に現れる資格などないことは分かっているつもりだが…